注文住宅を選ぶ際の注意点

注文住宅は建て主の希望を目一杯取り入れて、しかも予算に合わせて計画し施工する住宅のことを言います。 これと対極にあるのが建売住宅や企画住宅であり、これは同じ間取りかそれに近いものを建てて行くもので、建材や住宅設備を一括仕入れできるために建設費用が少なくて済むために価格も安く設定して売り出すことができるものです。 注文住宅は建築設計事務所に相談を持ちかけたり、あるいは街の工務店に相談したりして間取りやデザインを相談して決めて、それに従って見積もりを出し契約して施工を行って行きます。 ただ、敷地が狭いとか変形した土地の場合には狭小住宅を建てる場合もあって、これらはその経験や実績のある建築設計事務所やハウスメーカでこれを行っているところに依頼することになります。 予算に余裕がない場合には最近は自由設計と呼ばれるコストプランニングの手法が取られ、外回りの外観も凹凸を少なくして、間仕切りの総長さも減らし、建具の数や照明器具、コンセントの数、壁面積の広さを少なくしたり、仕様を調整することで価格も安く仕上げることも可能となります。これは工務店やハウスメーカーも取り組んでいるところがあります。 建築設計事務所はプランの計画や図面作成、建築確認申請、図面に従っての見積もりと業者への見積もり依頼を行ってくれて、施工会社が決まった場合は、設計監理を行うことが出来ます。建築設計事務所は敷地の広さや建築基準法、都市計画法などの法的制限内で有効な構造や階数を提案してくれて、しかもデザインやアイデア、有効利用などに配慮したものを作ってもらえる可能性も大きいものです。